帰国中の通信手段。

海外に長期で出ている日本人の一時帰国で、
日本の通信手段の使えなさはちょっと悩みどころ。

フランスでは到着してすぐに買えるプリペイドSIMカードは、
日本では端末セットで買う以外、犯罪防止などの観点から、SIMカード単体の販売にはちょっと渋る面があるようです。
利用していたソフトバンクでは、ソフトバンクの端末を持っていかないといけなかったり。

送信者 R5'86 l'autres choses

手元に残してある端末はみんなSIMロック外れていますが、今回はヴォーダフォン時代の702NKを持っていきました。
カバーはFOMAになっているので、一言告げるとIMEIで分かるから大丈夫だと。
逆にN78を持っていったら契約できない可能性があるんですね。

プリペイドのプランは3000円と5000円。どちらも通話料金は変わらないのもケチだなぁと思います。
フランスでは料金が多ければ無料通話分が多くおまけされるので、滞在期間を予測して多く買う事も考えられますし。
通話料は1分100円程度で、30分も話したら3000円。すぐ無くなっちゃいます。
その上、空港を離れれば公衆電話はほぼ姿をみないので、親しい人には訳を話して、懐かしいワンギリをしていました。
メールオプションもあるのですが、他社間のショートメッセージが受けれるけど送れないので、機能しません。
それでメールアドレスを周知するのにSNSなどで書いたりしてもみんなには伝わりませんし、結局一度は会話する事に。
20人くらいに話したら通話クレジットがすぐ無くなります。

インターネットも難しい。
まず街中に無料wi-fiがほぼありません。都心ならまだしも、静岡東部の田舎では100%無い。
実家にインターネット回線が無いので、契約するにしても1ヶ月単位はあまりないし、あったとしても高価でしょう。
フランスやイギリスのマクドナルドではコーヒーでも頼めばネット接続できますし、寒さに耐えれば都市部の公園でも使えます。

それで以前同様、b-mobileのU300を注文して実家に届けておいたのですが、
アテにしていたFlipout+PdaNet3.5でテザリングはOSの問題で認識せず、
兄に依頼してマクドナルドのwi-fi(BBモバイルポイント)を利用したのですが、兄設定のパスワードが通らずに3日ほどマクドナルドで苦労していました。
出発前に自分で設定してから行く必要があります。

結局、アンドロイドOSの中のファイルを書き換えして、開通手続きしたU300を無駄にしないで済みましたが、
元はといえば、SIMロック解除したiPhone3Gを説明しわすれて兄に貸したところ、アップデートで再SIMロックしてしまい、
ソフトバンクをはじめ日本の通信会社の頑固なまでのSIMロックがいけないのだと逆恨み。

お世話になっている車屋さんとの雑談でも、アメリカから帰省している甥っこが、気軽に使える携帯電話が無くて困っていると聞きました。
彼はAUユーザーだったので詳細はわかりませんが、AUでもプリペイド携帯はあるようですね。
でも端末セットだと短期滞在には高すぎます。
http://online-shop.mb.softbank.jp/ols/html/model/prepaid/002p.html
こちらの端末で、8000円以上ですもの。
これまたフランスだと、端末セットで30ユーロ以下で買えます。

フランスだけでなくイギリスでもO2だったかな、SIMカードはすぐ手に入りました。
スマートフォンに対して、ガラケーと呼ばれる日本独自発展の端末ですが、
ガラパゴスなのは、日本の通信環境そのものだなぁということですね。
日本に住んでいる分には、お金さえ払えばなんということない問題ではありますが。

一時帰国で安く通信手段を得るには
・中古のソフトバンク携帯端末等を事前に調達しておく。
・SIM解除されたスマホなどさらに具合がいいけどその端末を良く知っている事が大事。
・BBモバイルポイントを契約しておく。

そういばU300の速度は遅いのですが、以前はそんなにストレスなくテザリングができました。
それが、今回はもっと遅く感じたのですが、mixiなどのページが仕様が変わって重くなったからでしょうね。

年越し帰国。

12月15日から1月4日まで日本に年越し帰国していました。

一年以上放置しているエッセのバッテリー手配、保険の契約にBモバイルやらなにやらをネットや電話で手配して渡航。
今回はルフトハンザ航空で渡りました。
途中、ミュンヘンの空港で乗り換えでしたが、コーヒーやココアのサーバーマシンが4ゲート間隔くらいで置いてあり、
USB充電コードを接続できるスペースがあったりと、なんとも親切な場所でした。
鼻風邪が治りきらず乗ったので、着陸時に耳抜きができなくて泣きそうなほど頭が痛かったのは困りました。

ところで日本の風景が新鮮な事!!

青空ぴっかーん!と晴れた空。
見慣れた富士山もなんとありがたい感じ。
たった一年程度離れただけでこうもなるとは、歳取ったのかな?

送信者 R5'86 l'autres choses

ネッカンはいつもの様に霧の中で、それもまた何故か新鮮。

新鮮といえば、街中の車がガラッと変わったような。

送信者 R5'86 l'autres choses

アクアって言うのですかね、ハイブリッドの小さいの、そこら中でみかけました。すれ違う10台に1台はこの醜いテールランプ。

送信者 R5'86 l'autres choses

ここはどこの東南アジア?と思うような形の車。

悪い意味で目が奪われて、こりゃ何処の国に帰ってきたのやら。という感じ。

送信者 R5'86 l'autres choses

こういうのにホッとしたりしまして。

エッセの後継のイースという車も、当初はなんだか分からなかったなぁ。

静岡と都内の間を3往復ほど動いていましたが、一日100キロ弱ペースであっちこっち動いておりました。

送信者 R5'86 l'autres choses

いろいろと突然会いにいったりしましたが、快く会ってくださった皆さんありがとうございました。

次回は関西にもいきたいなぁ。

代車 ルノー19

トゥインゴが予定内だった予定外の問題で戻ってこないので、
代車を頼みました。

送信者 R5'86 l'autres choses

ルノー19です。

工場内に、R19のカブリオレがいたので、「これ?」って聞いたら、それは工場オーナーのでした。

よく見かけるストーリアというグレード。

送信者 R5'86 l'autres choses

タコメーター付いているから廉価グレードじゃないのかな?

送信者 R5'86 l'autres choses

オーディオコントロールついてるのに、オーディオレス。

送信者 R5'86 l'autres choses

ちなみにトランク付きです。ハッチバックだと気にならないけど、このトランク周りの見た目は、ちょっとよろしくないなぁ。

エンジンはとっても普通。でも良く回る。回るけど普通。
シートはとってもよい。30キロ制限の場所にあるバンプもシュンと越える。ピョコらないのでバンプが気にならないね。
ロータリー交差点に入っても、思ったように曲がるので、なかなか楽しい。

今日は、3時間かけて、これを見に来たのでした。

送信者 R5'86 l'autres choses

状態はまぁまぁ。良くはないけど良くなる可能性はあったんだけどね。
今はタイミングが良くないなぁ、とあきらめました。

場所はル・マン。

じゃあついでに前を見るだけみようと

送信者 R5'86 l'autres choses

つきました。

もっと全体を撮ろうと、カメラを標識の上において撮ったら

送信者 R5'86 l'autres choses

こんな感じ。
あらら、ブレるわ~と手を離した瞬間に、強風が吹いて、カメラ落ちて起動しなくなりました(泣

何しにきたんだろーと悲しい気持ちで帰りは高速。
130キロだすと強風でどこ走ってるか判らないくらい。

風には気をつけましょう。

Flipoutのカバー

中古で手に入れたFlipout。
ケースがくっついて来たんだけど、これが少々具合悪い。

カメラの穴が無いので、ケースを折るようにしてレンズを向けないといけないから、
いかにも
「撮ってま~す!」
というスタイル。

なんか恥ずかしいよね。

フランスにはFlipoutはぜんぜん広まらなかったので、
アフターパーツが無い。
ebayで探してもfrではなくて英国か米国の品物が出されるんですね。
価格は安いんだけど、送料が高くて躊躇していたんです。ちょっと長い間。

それでもFlipoutのメモリが足らないとか初期のアンドロイドの駄目設計のせい
(アプリが本体のみインストールってとことか)
で、ネットするのがつらくなったので、時期端末買い替えも考え出したので、
短い活躍期間を新しいケースで過ごしてもらおうと、買ってみました。


こちらが旧カバー

これを取って、


このカバーをつける。
蚤の市のカバーショップの壁に吊るされてそうなパッケージ。


大丈夫かいな、このクオリティ、ってがっくりしたけど、


はまるといいかんじ。

留め爪が一箇所駄目で、衝撃があれば浮いちゃうんだけど使う分には問題ないみたい。


開いてもいけるしね。

USB端子や電源ボタンの位置もしっかり空けてあるのは当然として
その部分の切り口も丁寧に仕上げてあるから、手触りがいい。
新品になったような手触りというか。

ひとつだけ不満といえば、挟まったゴミが見えてしまう事。
それは色の問題として、
真四角に戻ったら、一瞬で電源ボタンの位置がわからないことくらい!

カングーのライトバルブ交換

「そういえば、ヘッドライトの球替えられる?」

と唐突にいわれたので、「はいはい」と答えてしまいました。

車は、以前僕がこすったカングー。
お世話になってますからね、できるお手伝いはしますよ。

送信者 R5'86 l'autres choses

切れているのは左。
ストックがあるよ、というので、さがしたら、ヘッドライト球だけ空っぽ。
こちらではよくみかけるのですが、各種の球をひとつ筒パックにしたものが売っていて、
それをいつも常備するものみたいです。
その中で、どれか使ったらそのパックに補充するみたいですが、
絶対忘れるだろうなーと思っていたら、やっぱり忘れるフランス人。

トゥインゴに2つ入れておいたので、それを取ってきてつけました。

そういえばカングーって、

送信者 R5'86 l'autres choses

逆アリゲーターなんだな!

逆アリゲーターって最近いわないよねぇ?

ボンネットのハッチ開閉レバーもどこにあるのか良くわからず、
レバー探すのと、ボンネットのキャッチをグリルあたりで探していたので
その時間の方が交換時間よりかかりました。

ノレヴ R5 ハロウィーン

次にうちにきたのがこれ。

送信者 ミニカー

なんでハロウィンとルノーサンクなのか。

送信者 ミニカー

ほうきに乗ってます。

ほうきといえば、元ネタは
魔女ルノー5
これ。

山頂の城みたいなところ行った事ある。
なんて名前の城だったかな・・・すごい細い山道をあがっていったけど、
ヘリコプターで運んだのかな。セットなのかな。

ノレヴはここ最近、がらっと精巧さが出て変わったんだけど、
この古いタイプのほうが味があるっていうか、フランスらしいというか。

貧乏症なのでビニールやぶって中をみるのはずーっと先になりそうです。

マッチボックス BMC 1800

こんなのも購入してしまいました。

送信者 ミニカー

マッチボックスで、当時物らしいですが、そんなに高くありませんでした。

BMC 1600とおもったら1800だそうです。

送信者 ミニカー

リアビューがシトロエンCXに似ているんじゃん?
と思えるのですが、

とらくしおんあばん
こちらのサイトに詳しく載っておりました。

なるほど、CXは社内デザインだと思っていましたが元ネタがありましたか。

元ネタのは、なんともすっきりしていて未来的ですね。
マッチボックスの再現力はどうかと思いますが~良いです。

送信者 ミニカー

うらっかわです。

マジョレット シトロエン GSカマルグ

ついつい購入してしまいました。

ミニカー

こんなシトロエンがいたのですね。
1972年のショーモデルだそうです。

Citoroenet

ランチア・ストラトスみたいなフロントウィンドウですが、
ベルトーネの作品なんですね。

送信者 ミニカー

ベルトーネはいいなぁ。

送信者 ミニカー

まだまだフランス製だったころのモデル。

リンク先ページの一番したのはGSっぽいですね。
リトラだとこんな顔になっちゃうのか・・・

日曜朝は車集会

ということで3週連続で日曜日に朝から車が集まっているところに。

なんでも今回は街あげての企画だそうで、
大々的にポスター貼ったりしてる。
この会は第一回目だそうです。

送信者 R5'86 Renault 14TS

今度は西へ車で15分くらい。

会場には6割がた埋まっている様子。
大体30台くらいかな。

送信者 R5'86 Renault 14TS

こんな感じに芝生に置いてあります。
並べているというほど綺麗じゃなく、ただ放置。

とりあえず一回りします。

送信者 R5'86 Renault 14TS

公開レストアって書いてあったけどなにするのかな。

送信者 R5'86 Renault 14TS

アミ6は2台いたなぁ。

送信者 R5'86 Renault 14TS

これはなんだっけ。実家にあった探偵が主人公の漫画にでてきたな。

送信者 R5'86 Renault 14TS

これはお店屋さんの。

送信者 R5'86 Renault 14TS

これはいろいろ教えてくれたフィリップの。

送信者 R5'86 Renault 14TS

これは初めてみたなぁ。
エランのS2とか言うんだっけ?

送信者 R5'86 Renault 14TS

この並びいいなぁ。似たような用途で似たような丸目で似たような低さだけどぜんぜん違うね。

送信者 R5'86 Renault 14TS

これは二週間前にすれ違ったルノー14だ。
TSかと思っていたけどGTLでした。
グリル裏にライト入れてるわ。

送信者 R5'86 Renault 14TS

午後はコンクールデレガンス。
といっても短い通路を順にはしってきて、オーナーの話を聞く感じ。

送信者 R5'86 Renault 14TS

古い車は当時の衣装で楽しむのがルールみたい。

送信者 R5'86 Renault 14TS

ルノー14のオーナーは4CVで登場。同じ色でオールペンしたんだってさ

送信者 R5'86 Renault 14TS

羊の皮を被った・・・だね

送信者 R5'86 Renault 14TS

フェゴもコンデレ対象ですか~

送信者 R5'86 Renault 14TS

坊主のカブみたいに、神父のドゥドゥシュ。

送信者 R5'86 Renault 14TS

先週みたパナールも屋根あけて自慢大会。

一通りみて、自分の車に戻る。

送信者 R5'86 Renault 14TS

これなんだ?アロンド??シムカらしいけど。

送信者 R5'86 Renault 14TS

2CVベースのこんなのも。

お店は大したもの無かったなぁ。
というかだいたい顔ぶれが同じだね。
今後いくとしても一番近い第一週以外はいいかな。
周りの風景も探検できたし。

でも知らないで住みだしたけど、このあたりって趣味車おおいなぁ。
パリも多いけど持ち数が違う感じするね!