フランスの薬

ヨーグルトを食べるだけでも

(;゚ Д゚)
って、

ピュレを食べるだけでも

(;゚ Д゚)
って、

水を飲むだけでも

(´A`。)

って顔になるほど喉が痛いので、
今まで敬遠していた仏の薬を飲んでみた。

「いつ飲むの?」
って聞いたら、食中だって。

世間知らずな僕だけど日本でもらった薬で
食前と食後、食間は聞いたことあるけど
食事と一緒に飲み込むって聞いたことないけどなぁ。

でも、フランス人が
「仏では普通はそう。」
って言ってるんだから仏ではそうなんだろね。
仏に入ってはゴータマシッダールタ、
って気持ちでスープとお米の間飲んでみました。

なんで食後の薬が無いのか。
きっと、順番に一皿ずつ食べる仏の食卓。
必ずデザートでしめるので、
ご飯の後に甘くない物を入れるのはまず無い。
というかデザートを食べたら、もう後は喋って、シャワー浴びなくて、寝るばかり。
薬の事なんか忘れちゃうから。

じゃあなんで食前も無いのか。
食べ物の開始順番の一番初めがアペリティフだから
アペロじゃない薬は、口に入れることができない。
頭でわかっていても出来ない。
というかご飯の前に薬飲んだ事を食事中に忘れちゃって、
また食事中に同じ薬を取ってしまう確立が多いから。

・・・そんな事思いながら寝たんですが、
下したお腹からのSOSで起きてしまいました。
喉に改善の兆候みられず。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中