Flipoutのカバー

中古で手に入れたFlipout。
ケースがくっついて来たんだけど、これが少々具合悪い。

カメラの穴が無いので、ケースを折るようにしてレンズを向けないといけないから、
いかにも
「撮ってま~す!」
というスタイル。

なんか恥ずかしいよね。

フランスにはFlipoutはぜんぜん広まらなかったので、
アフターパーツが無い。
ebayで探してもfrではなくて英国か米国の品物が出されるんですね。
価格は安いんだけど、送料が高くて躊躇していたんです。ちょっと長い間。

それでもFlipoutのメモリが足らないとか初期のアンドロイドの駄目設計のせい
(アプリが本体のみインストールってとことか)
で、ネットするのがつらくなったので、時期端末買い替えも考え出したので、
短い活躍期間を新しいケースで過ごしてもらおうと、買ってみました。


こちらが旧カバー

これを取って、


このカバーをつける。
蚤の市のカバーショップの壁に吊るされてそうなパッケージ。


大丈夫かいな、このクオリティ、ってがっくりしたけど、


はまるといいかんじ。

留め爪が一箇所駄目で、衝撃があれば浮いちゃうんだけど使う分には問題ないみたい。


開いてもいけるしね。

USB端子や電源ボタンの位置もしっかり空けてあるのは当然として
その部分の切り口も丁寧に仕上げてあるから、手触りがいい。
新品になったような手触りというか。

ひとつだけ不満といえば、挟まったゴミが見えてしまう事。
それは色の問題として、
真四角に戻ったら、一瞬で電源ボタンの位置がわからないことくらい!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中