メトロノーム

さえないギター練習の日がつづいてます。

毎日10分くらいは触っているんだけど、
同じところ何度もまちがえるし指がどの弦、どのフレット触ってるかわからなくなって
えいやっとしたくなるんですなぁ。
ミソジ超えて新規に神経を繋ぐのは大変か。

でも猫がギタースタンドをかじるたびに、
「猫のおもちゃにしてたまるか!」とギターを手に。
ありがとう猫。いたずら嫌いだけど。

そういえばまとめ買いで買い忘れたのが、メトロノーム。
電子式のやっすいのでもいいかなと思ったし、
そもそも必要ないじゃん?と思ったけど(複数の意味で)
なんだか見ていたらほしくなった。機械式の。

それで届いたのがドイツのメーカーのこれ


小さいんですよー。
モノプリのエコバッグと比べてもこの大きさ!

中古なので色が選べなかったけど、アイボリーとボルドーがラインナップされているみたい。


何世代かわからないけど2GBのipod…nano?と比べてもこの小ささ。

カチカチしかならなくて、小節ごとのチーンを操作するレバーとかないけど、
いいよね!

広告

ウォッシャー!!

ワイパー売ってくれた人、
とても親切で、不動だったポンプの代わりに違うポンプ持ってきてくれました。

送信者 R5'86 Renault 14TS

モーター部の形が違う。
前期のものかな。

そそくさと結線して

送信者 R5'86 Renault 14TS

でますよー!

無ければ無いでどうってことのないものですが、
有るなら有ったでうれしいポンプ。

売主さん、

こんなの持ってきたけどいる?
と言って譲ってくれたのが・・・

送信者 R5'86 Renault 14TS

ルノーマーク入り燃料キャップ。
最終年度のオプションだったそうだけど、
似合うんだこれが。

燃費改善(満タン法とかいうの)

8月2日に満タンで入れたガソリンのレシートをエクセルにいれてみた。

480キロも走ったのでちょっと期待していたんだけど

14.038km/L!

すばらしいね。

フランス式にいえば、

7L/100km

で、ほぼカタログ通り。(のはず)

さんざリッター11キロ台で、ターボ回していたサンクよりもわるいなんて、
それも日本に比べて交差点のない国で、ありえん!とはじめたキャブ分解やらデスビ分解・・・。

結局はコンタクトポイントの間隔調整だけでこうなった気もするんだけどね。

あいかわらずガスがうすい感じするし→キャブの歪みを強制しなきゃ。
アイドリングでタコの針が生き物のように踊る→コンデンサー変えてみるけどオルタネーターが怪しくおもってきた
ごまかした足回りをなんとかしないといけないんだけどね。

ということはこのスカスカでもったりなエンジンが本来の性格ってことかな?
やっぱプジョーエンジンダメ、ってやつかなぁ。

燃料添加剤

送信者 R5'86 Renault 14TS

日本でもよくある燃料添加剤。

こういう類はぜんぜん信じてはいないのだけど、
(これいれるなら洗浄剤入りを謳ってるエネオスのハイオクで十分じゃないかな?)
キャブ内フィルターにゴミがけっこうあったので、
燃料ポンプもあやしいと思い、でもポンプは開けられないタイプだったので
おまじないに頼ってみた。

色々あって、キャブ洗浄、インジェクション洗浄、ガソリン用、軽油用など。
いちばん汎用的なものにしてみました。