コンタクトポイント調整

ルノー14のディストリビューターはなんであんなとこにあるかな。

エンジンから水平に生えているので
ポイントの調整がしずらいぞ・・・。

キャブを掃除したけどあまり始動性やら吹けがかわらないので点火系かと。
デスビキャップあけて青サビ磨いたりしたのちにデスビの中へ。

サンクはセミトラ化されていたから不要だったけど~。べスパのポイント調整を思い出してやってみる。

送信者 R5'86 Renault 14TS

毎回カメラで接写しながら様子みてやりましたよ。

なんかポイントのアーム側、減りすぎじゃない???

接点の下にある長いネジは外から回せて、固定のマイナスネジを緩めてこの長いネジで接点を動かす。

あーだこーだやって結果は良好!
3~4千回転のくぐもった感じはなくなった~。
キャブの調整ネジまわしてよさそうなところで落ち着いた。
でもアイドル調整ネジが一番ひくくしても規定回転数より上なんだな。
ガスケットのところから吸ってるのかしら。

コンタクトポイント調整」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ポイント交換 | ぴより。ねっと

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中