車を造るなら

こんな過疎ブログを、もし新車開発に携わる人が目にする事が今世紀中に一度でもあるなら、

セグメントも排気量もFFもMRも重量配分もストラットも出力もドア数も搭乗人数も頭上高も最小回転半径もトレンドもエンジン形式もスポイラーも専用デザインもアルミホイールもチューニングマフラーもLEDもナビもオーディオもシーケンシャルも伝統もメーカーらしさも最高速度も0-100もライバル車種もその他全部忘れて、

「乗ればわかる楽しい車」を自信もって造って欲しい。
メディアの売り文句もこれ一言だけ。

でも安全性能・燃費・製造コスト・価格・上司の機嫌 だけは考慮して。

んでこいつはいかん。


車のジャーナリストなんて肩書きとっととやめればいいのにこの人。
これでお金もらって、恥ずかしくないのかな。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中