アンドロイドにもウィルス

人気になってシェアが増えればでてくるのがウィルスの問題。

アンドロイドも2010年ごろからウィルスが増えているそうな。

Android端末のウイルス感染を防ぐたった5つの方法

といわれてもなぁ!

というわけでとりあえず何かいれておこうと、

全Androidユーザー必見!ウイルス対策アプリまとめ

マカフィーのはソフトバンク端末だけなのかな?
ノートンはflipoutは使えなかったので
AVGのを。

広告

免許証のレセピセ

先日申請したフランスでの免許証のレセピセ(récépissé)がとどきました。
つまり仮の許可証?でこれで運転していいよ、ってこと。
滞在許可証などでもこの仮のぺらぺらの紙もらって正式の証明書を待ちます。

事前に窓口にいって、何がいるのー?って聞いたら、
オルレアン市では
・滞在許可証付きパスポート
・日本の免許証原本
・その翻訳
・居住を証明する書類
・写真3葉
との事。パリでは写真4枚らしいし、これは市によって違うようです。

ネットでちょろっと調べたら、窓口でレセピセをくれたようですが、
僕の場合は、
「これ(日本の免許証)だけで運転できるから大丈夫!レセピセは数日後に届くからいいでしょ?」って言われて・・・
先日警官に、「原本と翻訳じゃ運転しちゃだめ!国際免許証は?」ってつっかかれたのでドキドキして過ごしていましたが、
無事に届いたってわけです。
ということで免許証原本も徴収されず、大使館経由で受け取る必要もなくなりました。

はやく正式な免許こないかなっ

オイル交換

シフトレバーの調整につづいて、オイルも換えてみた。

ドレンは16mmのワッシャーで、トゥインゴと同じもの。

送信者 R5'86 Renault 14TS

どばどばーっとね、チョコパンが入っていたプラケースに落とし込む。
廃油はその後、オランジーナとペリエのボトルに収まりました。大体4Lかなやっぱり。

オイルフィルターレンチをケチって、チェーンタイプにしたら、
フィルターとエンジンブロックの隙間が狭くて回らないから、フィルターはあきらめた。
やっぱカップのタイプじゃないとだめかぁ?

ちょっとこぼしつつ、4L少しを投入。
シェルの15w-40。リッター260円程度だから安いね!
距離は124272キロ。
次回は7500キロ後!

送信者 R5'86 Renault 14TS

じいさんとその孫かな?寒いのによく乗るねぇ!

シフトレバーの調整

日曜日。

たくさんの散歩家族連れとランニングランナーでにぎわう川沿いで
ちっさいアジア人が30年前の大古車に潜ってシフトレバーの調整をしたよ!

1、2が入りづらくて、少しでも改善すれば、とね・・・。

送信者 R5'86 Renault 14TS

文で説明するのもなんだけど、
シフトレバーの床の下は結構シンプルで、ミッションケースまでの間に大きく二つの棒でリンクしている。
その棒のリンク間隔を前後に伸縮すればシフトノブの前後の移動量になるし、棒を回転軸ととらえてそれにそって捻れば、シフトノブの左右の振りに対してどこに入るか、が調整できる。
ヘインズの分解図みながらイメトレイメトレ・・・!

リンク箇所を洗油で磨いたあと、テープを張って元の位置をマーク。
13mmのボルト緩めて、1mmちょっとずらしたんだけど、今度は5速・バックギア側が入りづらくなっちゃった。
本当に気持ちちょっとずらす感じ・・・みたい。
で、良いと思ったんだけど、実際にエンジン動かしてみるとまた違う。
結局潜っちゃぁでてを繰り返して、飽きてきた頃に、まぁ良いだろうって位置になった。

シフトレバーが正立していないのは、レバーの床下で車体右側とスプリングでつないでいるからみたい。
これはミッションケースの方がマウントのゆがみか何かで左に寄っているからかな?
別にスプリングなくてもいい気がするけど弄り壊しも嫌だから正立させるのはあきらめた。

オルレアン博物館

フランス人とオルレアンの博物館に行ってきました。

遅れて到着した彼の車はシトロエンAX!とっても汚い(笑

いつも行っているカルフールの隣にあったなんて知らなかったよーな場所に博物館があり。
なんでも恐竜博で、中国から貴重な展示を借りてきただとか。
オルレアンが中国のどこかと姉妹都市なのでパリじゃなくてこっちになったそうな。

で、求職者カードが無いので普通料金払って入ってみたら、
教科書でみた、あの始祖鳥の化石がいたよ!

あとは通常展。

水槽があって、熱帯魚やら蛇やら海水魚やら・・・。
熱帯プラントも屋上にあった。

その中でもひときわ気になったのが、


なんかセクシーな剥製。

その上には・・・


なんかビズしてるし!

さすがフランスだよな~。

トレッド・・・

わざわざ船便で運んだタミヤのサンクターボのボディとABCホビーのジェネティック。
そろそろペイントでもしようかと仮に合わせてみたら、
サンクターボのリアのトレッドが広すぎて、不恰好。
そういえばリアのオフセットされたホイールあったよなぁと思ってさがすもMシャーシサイズは少ない?

じゃ、タミヤのキットものはどうなのかと思ったら

http://www.aquitaine-modelisme.com/tamiya/1525-r5-turbo-m05ra.html

 

トレッド狭いまま!?

これはいかんぞー。タミヤ。ABCホビーの再現力の前にこれはないぞ!

といっても元々30年近くまえに発売したボディの再販そのものだそうな。

http://rcstreetsource.blogspot.com/2011/08/tamiya-renault-5-turbo-rally-m05ra.html

 

いやでも、これなんとかできないのかなぁ?

http://tamiyablog.com/2011/11/renault-r5-turbo-a-french-sportscars-icon/comment-page-1

 

アメリカ人かな?なんとかしたみたい!
でもTシャーシのワイドアクスルをはめ込んだらしいので、ジェネティックにいけるか微妙。
アクスルシャフトの形状違うし。

ホイールのオフセット違うの買うと、ホイールのデザインを前後でそろえたくなるし。
ABCホビーのワイドアクスルセットにしても4mmくらいしか伸びないみたい。
ボディは片方で10mmもでてるんだから困り者。
9mmオフセットのMシャーシ用ホイールは無いものかと。

98年式フィアット パンダ 欲しい方いませんか?

友人が車を手放すようです。

98年式フィアット パンダ

4×4 マニュアルミッション

———以下コピペですが・・・————-

昨年春まで乗ってました。
ショボい欧州車が好きなので
乗り続けようと思っていましたが子供が出来てもっと大きい車にのりかえました。
走行10万キロちよいいっちゃってますがエンジンOH済のため好調。
エアコン効き悪いですがそんなもんらしいです。
イタシャなのでチョコマカ壊れますが部品代安いのでそんなに苦ではないです。
車体30万くらいでいかがでしょう?車屋さんと要相談ですが車検取って50万位かなぁ。

————————————————–

だそうです。

前後開くキャンバストップの幌も張替え済みだそうで!

マフラーも腐らないステンレス製になっているとか。

良い車ですよ~!