Twingo止まる

ランドスケープの仕事している友人がパリに来たので
一緒にル・コルビュジェのつくったものを見に行きました。

送信者 R5'86 RENAULT TWINGO '97

その帰りに、初めて凱旋門の周りを回って…


シャンゼリゼのシトロエンC42にカタログを取りに行ったのですが、
(もちろん路駐)

送信者 R5'86 RENAULT TWINGO '97

エンジンがかからない。
インジケーターはついてるけどルームランプが弱弱しいし、窓もすごくゆっくり。
バッテリーがダメかっ
一応、ヒューズを見たけどつながっているので
(つながっていてもダメなときはダメだけど…)
押しがけしたけどだめ。
保険使ってレスキューにきてもらいました。
来たトラックはルノートラック。
渋滞でごったがえしのシャンゼリゼで華麗にUターンしてきてくれました。
一度ジャンプして、すぐ始動!
よしよし、と思って、友人と記念写真とって、さよならしたら…また止まる。
すでに出発していたルノートラックにまた来てもらって再始動。
で、また止まる。
結局…

送信者 R5'86 RENAULT TWINGO '97

載せられて修理工場へ。
(少し移動したのでエッフェル塔の間近です)
三度もきてくれたルノートラックさん日曜日なのにありがとう。
車がなくてどうやって帰ろうかとおもったけど
保険でタクシー代がでるそうな

送信者 R5'86 RENAULT TWINGO '97

2時間も乗ったよー。
なんと、40キロ圏内はノーサービスだけど、それ以上の遠方でのトラブルで対応してくれるとのこと。
近場なら友達でも呼んでなんとかしてね!って事らしい…。
新型トゥインゴを腐したのがいけなかったのかー!?
バッテリーだけだといいなぁ。
オルタネーターじゃありませんように…

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中