フランスへワーキングホリデーに行く前に〜

2009年11月から一年間、フランスへワーキングホリデービザ(ワーホリ)で滞在していました。

ワーキングホリデーは最長で一年間、旅行や仕事、留学などなんでもできるビザで、観光ビザだけでは物足りないと考える、30歳以下のみなさんにはおすすめのビザです。
(年度ごとに審査方法が変わりますので在日フランス大使館で要確認です!)

ワーキングホリデーでフランスに行くと決めたら、絶対に必要なのが フランス語 です。
当たり前のように考えられますが、渡仏後に現地であった日本人の多くは”フランス語は現地で勉強する!”と考えてきた方が多かったです。
僕もそんな中の一人でした。
そしてとても後悔しました。

まず、フランス語ができないと人として扱ってもらえない!
(フランス人とは、フランス語を話せてフランスに住んでいる人の事…)
仕事を探しの以前に、部屋を借りたり、口座を開いたり、、、フランス語の難しい文章を前に何もできない事。
フランス人と仲良くなって彼らのパーティに呼ばれた時、同じテーブルで自分だけが放置される寂しさ〜
などなど、
フランス生活を始めるなら、お金よりも、保険よりも、恋人との別れよりも!フランス語が大事です。
(もちろん、フランス語を話さなくても楽しくフランス生活を過ごした友人もいますが、フランス語ができたら楽しめる事の半分も楽しめない事でしょう。)

フランス語の勉強について、次回書きたいと思います。

J’ai habité en France pendant 1 an à partir de Novembre 2009 avec le VISA vacances-travail.

Avec ce VISA, vous pouvez voyager, travailler, étudier et autre maximum 1 an donc je le conseille pour les gens qui pensent que le VISA tourisme n’est pas suffisant et ont jusqu’à 30 ans.
(il faut demander à l’ambassade française au Japon car les règles changent chaque année.)

Si vous décidez d’aller en France avec ce VISA, il faut apprendre la langue française.
On pourrait penser que c’est normal mais beaucoup de gens que j’ai vu pensent apprendre la langue française sur les lieux.
Moi, j’étais l’un d’eux.
Ensuite, j’ai regretté.

Tout d’abord, les gens ne nous traitent pas comme des personnes si on ne parle pas français.
(les français sont ceux qui parlent français et habitent en France.)
Ensuite, avant de chercher un travail, louer un appartement, ouvrir un compte en banque etc,, On ne peut rien faire devant les phrases difficiles.
Quand mes amis français m’invitent à leur fête, c’est triste de me retrouver seul à table.
Et ainsi de suite.
Si vous commencez votre vie en France, c’est plus important la langue que l’argent ou l’assurance ou la séparation avec vos amours.
(Évidement il y a des amis qui ont passé de bons moments sans parler français mais je pense que c’est pas possible de vous amuser pleinement )

Je vais presenter comment apprendre la langue française la prochaine fois.

広告

棚の取付け

今日はやっと、入居後すぐに取り外していた棚を新しい場所に取り付けました。

引越しの際、心配なやりとり(大家さん、前住人や職人など)は全て相方に対応してもらいました。
その際に棚は移動して良いとの話ですすめたので自分たちで移動できるのです。(フランスでも基本的に賃貸での改造は良くないです)

棚を支える、付属の金具を壁に取り付けるだけなのですが、ここが日本と違うところ。壁はコンクリートか石で出来ています。
我が家はコンクリートの壁ですので、電動ドリル(それも振動機能の物)を知人から入手し、ドリルの歯セットを購入したのですが歯が負けてしまうため、別に一本買いで購入してきました。

そうしてやっと穴あけが達成できたのですが、コンクリートは鉄より固いもの。さらにコンクリート内の石に当たれば木や鉄などのようにはいきませんし、壁ですから体重を横にかけて。。。一つ開いたら一休み、というペースです。ふぅ。

なんとか形にはなったので作業完了しましたが、体はへとへと。
それでも部屋の様子が変わっていく様は世界共通の楽しみですね、きっと。

道具の購入したお店です。
Castorama
LEROY MERLIN

始めます

先週から相方とフランス人の友達と共にPérigord地方へキャンプ旅行してきました。
その後リヨンへ滞在した後、オルレアンに戻ってきました。

キャンプのテントの中でなかなか寝付けず色々と考えているうちに
ブログを書く事にしました。
つたない文章で伝わりにくいブログになってしまうかもしれませんが
おつきあい頂けたらと思います。