メーター復活

昨年末にお不動様になったスピードメーター。
年始なんであけました。

送信者

でぃゃ!

送信者

2年ほど前に勢いで買ってしまったサンクアルピーヌのスピードメーターを見ながら分解。
針の裏にある細い巻きバネはなんだろう。
100キロ越えのところにある針と接触してバネが張力を発揮する。
速度が上がると更に強くなる・・・振れ幅の調整かな?
それとはメーターの裏側からブザー(きっとキンコン言う)が出てきたけど、速度計から伸びる線と繋がっていた様子。
このバネを介してブザーに送電していたのかも?
今付いているメーターと比べてみても・・・って微妙に仕様が違う。もうわかりませんわー。
写真が無いのですが、メーターの回転部と針への電動は、直接繋がってなくて
回転部の先の磁石が回り、磁力によって針が動くんですねぇ。すごいなぁこの仕組み。
結局、付いていたメーターの回転部は指で回せないほど渋く、この負担がケーブルを切断させた模様。
サンクアルピーヌのメーターから回転部を移植してこの作業は終了。ケーブルを手配します。

送信者

そして今日、中古のケーブルが届きました!
広島から・・・。多謝多謝。
ケーブル交換ですよー。
ケーブルの反対側はミッションケースにいますね。
という事で

送信者

バンパー外してミッションケースとご対面。
4速のフランセーズやGTLとアルピーヌ・アルピーヌターボはココが違う。
一速増えるだけでこんなにもミッションケースは長くなるもんかなぁ?
ここから写真はないので

送信者

フォーンの写真を(ピンぼけだ・・・
これフランス製ですねぇ。2個もついてる。この間鳴らしたら僕の方がびっくりしたもんな(笑
フレンチヤンキー!
ケーブルに注油したり、めくら蓋に難儀して装着完了!
針が、とて~もとて~も紳士的に回るようになりました。なんか速度出てない気分になる~。
新車の頃はこう、全体がもっとしっとりしていたんだろうな。
旧い車は新車の状態で現在の車と比べないとね。そうしたら現代の車の進歩の具合なんてちょっぴりだろうなぁ。
ケーブル変えたら、他のケーブル類も変えたくなりますね!
クラッチも・・・もっと軽いんだろうなぁ。
ベスパみたいに、はい交換!とはいかないんだけど(汗

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中