シガーソケット修理

先日の由比へのドライブの時、携帯電話を充電しようと車内インバーターをシガーソケットに接続したら電気が来ていませんでした。
シガーソケットは機能しないけどイルミは点灯するので、
中で切れたのかな?とバラしてみることにしました。
シガーの本体(?)の金属の筒を何とかはずすと、
イルミのクリア緑のパーツがバラバラと・・・割れて出てきました。
シガーイルミ1
暗いので解りづらいのですが、イルミの電球ソケットがバラバラでした。


シガーイルミ2
パーツを仮合わせしてアクリサンデーを流し込みます。
幸い、1箇所以外はほぼ修復できました。
シガーイルミ3
電球部分のソケットを装着して完成。
球をLEDに替えようかと考えたけど
光がうまく拡散しないのでそのまま元の電球を利用しました。
きっとメーター裏のインジケーター電球と同じ形。
と、一通り組みなおしたのですが、シガーソケットは電気がこないまま。
あれ?っと思いついて、ヒューズボックスをみたら、
見事に5番の8Aが切れてました。
シガーヒューズ
そういえばヒューズボックスに見慣れない青があるんですが、25A・・・。
説明書には5A、8A、16Aしか記載されてないんだけどなぁ。
一度整頓したいものです。
縦サンクは10本のヒューズボックスと12本のものがあるようですが、
我がフランセーズは12本のもの。
サンクアルピーヌターボ等と共通だと思います。
ハンドル向かって右から1番ですね。
シガーイルミ4
ヒューズを交換してイルミ復活。
もともとグラグラしているシガーソケットだからなるべく使わないようにしないとなぁ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中