窓外れる

月曜の夜、友人を乗せて走っておりました。
「窓、閉めるね」って言って、クルクル・・・バキッって。
以前から、右前と左後ろの窓の昇降が渋くて、一度止まったところで手で持ち上げてから全部閉める、っていう技を使ってました。が、この友人、けっこう力持ち。バキッっていってから「窓上がらないよ?」って~。
「平気、平気」とその時は平然を装って帰宅。
その後早速持ち上げたり押したりして動かしていると窓が完全にフリーになってしまいました。


窓の構造がわかんないよ~と呆然となっていましたが、ヘインズではなくて、仏語の方のマニュアルを見て勉強。
そして内張りをはがして構造を調査。
どうやら破損したパーツは無く、レールからコマ?が外れただけのようでした。

送信者 R5'86 Renault 5GTL "Francais"

内張りは6mm?のトルクスとプラスと10mm六角で外れます。いろいろありすぎ~。
ボード上の内張りの裏にセロファン地のものが一枚。ネバネバのりでくっついてます。
後は一番開く状態にしてレールにコマをいれます。
汗かきながら、蚊に食われながらなんとはめてみました。
が、上がらない。
どうやら前より酷くなったようです~。
がっかりしてレールをよくみればちょっと歪んでいるよう。
思いきって取り外してみました。

送信者 R5'86 Renault 5GTL "Francais"

ハンドルの周りは錆の粉だらけでした。
油の切れた稼動部分をグリスアップ。
曲がったアームをなるべく真っ直ぐにして何度も動作確認。
もう一度レールを入れ込み、ボルトで止めて窓と合わせる。
この時、レールを後ろ側に引っ張ってとめると昇降がスムーズになりました。
あとは外した逆の手順ではめるだけ。
前よりもスムーズな窓になりました~。

窓外れる」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中