ラリー走る。

電気がダメダメなP200Eは部品の問題で早期解決が難しいようなので、、Rally200を考えてみることに。

症状は、下も上も吹けない。
アイドルはする。
ってかんじ。

オイルシールから滲んでいるのは分かっているけど、それが原因とは考えにくいのです。
オイルシールは以前から怪しく、それでも走る事はできたのですから。

思いつくのは、いいかげんな蛇腹ゴム装着でガスが濃い状態からマフラー詰まりを起したのではないかと言う事。
それもオーバーフローなどでつまり気味なマフラーにとどめを挿したのではないかと、思うのです。

じゃあマフラー外してみればいいじゃないか、と言う事なのですがコレが外れない。

30年間外した事ないのか、すごい固着っぷりなのです。
ボディの全塗装時にもマフラー外してないようで、ボディの色がついてる・・・。

コレを外す知恵をいただいたところ、タガネで叩くらしい。
100円ショップでそろえた 金槌とタガネ。
何度も叩く。しかしやっぱり外れない。
ずーっと格闘し、周りへの騒音も気になってきた頃、「そうだ火だ」と思いつきました。


安物トーチ!
人類は火を使えるんですよ。

マフラーをあぶってあぶって、白い煙がもくもくと出てくるのを待って、叩く。
それを3、4回くりかえした頃やっと動いてきました。
周りの視線が気になります。

左右前後にゆすってやっととれました・・・。

錆の上にドロでまっ茶色。
外した時にドロっとした黒い液体が・・・。
左右にゆするとゴソゴソ、なにか粉状のモノが動きます。
気持ち悪い~っ。

外した後はPのSITOマフラーを装着。
シートとタンクをPから移して走ると・・・走るじゃないですか!

急いでタイヤも新品に交換。
使用したチューブはKENDA。rallyを引き取った際にもらったものです。

次にシート下空気口に網をはります。
去年の夏ツーでの悲劇を繰り返さないように・・・。

あとはテール球の交換と配線のチェックして~、春ツーいけるかな!?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中