バッテリー有P200Eの配線

P125Xは本当にボロだったけれども、ワイヤー切れ、ポイントのズレなどのメジャートラブル以外に大きなトラブルはなかった。
それに対して、このP200Eは本当に問題だらけだ。

そろそろゴール(走れる状態)と思うとまだまだ問題が残ってる。
その度にネットで調べたり玄人さん方に教わるので時間がかかる。
でも色々覚えてきました。
今回は配線について(笑)

VESPA FILE EVO. という大きな本を読んでいたら、ネットオークションや個人売買の注意点として、「エンジンがかからないのは問題外」と書いてありました。
ウチのP200Eは問題外の問題外、ですな。

P200Eの配線はいくつか種類があるそうで。
1、バッテリー無6V
2、バッテリー無12V
3、バッテリー有12V 黄黄線
4、バッテリー有12V 赤黄線

それぞれステーターコイルが違っていて、12Vのバッテリー有無ではコイル内の配線が異なるよう。
バッテリー有は4つのコイルを2方面にわけてAC、DCを出力し、片方はレギュレーターへ行く仕組みだそうです。
そのレギュレーターへの線が赤黄と黄黄の組み合わせがあるのです。
ウチのP200Eは黄黄の組み合わせなのです。
レギュレータに3端子、5端子とあるのは、バッテリー有の、バッテリーへの出力+1本だからですねぇ。

それで、問題の箇所というと、レギュレータに来ている黄色線2つは電圧があるのですが、出力2本がダメなようです。
買ったばかりのテスターを当てると、32V位で入った電圧が、出力側は0.1V位。
レギュレータがダメなんですかねぇ。
レギュレータがダメな場合は大きすぎた電圧を抑えきれず、つまり32Vなどで入ったものをそのまま出してしまう、となるようですが。

とりあえず、交換を~と思ったのですが・・・レギュレータ高いです・・・。

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中