今度は吹けない

キャブレターのガスケットを見直し、低速トルクスカスカの症状が治ったと思った200Rally。
やっと気持ち良く走れるとおもったのもつかの間、今度は吹けなくなりました。

タンデムで街へ出かけた帰り道。
一人でブィーと走っていると突然パワーダウン。
でもエンジンが止まる様子はなく、低回転でトルクを維持したまま吹けない感じ。
「パスッ」というか「シュッ」といった空気の音?がエキゾースト音に混じっているようにも思えるのですが・・・。
確かに、上まできれいに吹けないなぁとは思っていたのですが、マフラー詰まっているかなぁ?と行った感じで、ミクスチュアスクリューを調整すればなんとかなるだろうなぁと思っていた矢先のコト。
ニュートラルにして、空ぶかしすると、上まで回る。
今度は上のトルク不足ですか。

考えられる原因は・・・
・未確認のオイルシールの劣化
・ガソリンタンクの異物によってガソリン流速低下
・同じく異物によってメインジェットの詰まり
こんなでしょうか。
とりあえずまたキャブレターとご対面です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中