エンジン始動。 そして新たな課題

いい加減、原因の判らないRallyにウンザリしてきたところ、タイミング良くPのCDIが届きました。
PとはいってもPXは勿論、TE3やRallyの後期にも使われるこのCDI。
おそらくコレで火が飛ぶだろうと決心して手に入れました。

早速つないで、キックキックキック・・・。

反応なし。

あぁ~やっぱりダメなのか。と途方にくれる。

インパクトは手元にないのでフライを開ける手立てがない。
ステータープレートを、ポイント調整窓からじーっと眺めるもなにか判るわけもなく。
へたに触ってピックアップコイルを傷つける始末。

ところが、良く見れば、配線の配列を間違えているじゃないですか。

白と赤を・・・。

壊れたかな?また無駄になったなぁ、とガッカリしながらつなぎ直して、祈る様にキックすると

バチバチ!
と。

お?と思ってキックキック・・・バチバチバチバチと綺麗に1キック2バチであります。

そ、それじゃあ・・・と興奮して燃料コックをONにしてキックしてみれば2回でエンジンが起きる!
カンカンカン!!!とシトプラ五月蝿くよく回っています。

止めないと~と思って、あるはずのないRallyのキルスイッチ位置を探るほどのテンパりよう。

エンジン止めて、長かったなぁ~とじんわり。
そしてすぐ様、リアブレーキとクラッチのワイヤーを貼ることに。

ところで、リアブレーキのワイヤー交換て、あまり頻度がないのでしょうか。
WEBを探してもそれらしい記事もなく、PのブレーキペダルはP以前のモデルと違ってスモールなどと同じワイヤーの見えないタイプ。

とりあえず開けるしかないと、ボルトをはずしてみました。
でも、何か引っかかってとれないわ、なんとかとってみればボルトの頭は隙間ないわで、なかなか悩ます機構です。
結局、車体左側にひねる様にペダルを取り出し、ワイヤーの頭のあるボルトナットを前に引くように引き出すと取れるつくり。
判っちゃえばかんたんです。
さて、エンジンまわる。
ブレーキ止まる。
クラッチ切れる。

走れるじゃないですか!

あとは・・・ライト?
灯火類の配線は放置したまま。
もともとの電球をハロゲンにしたときに、なんの写真もとらずにやったため、今だに判らないのです。
scooter helpなどのサイトを参考にしても、
バッテリー有の配線はどうも違う・・・。
左スイッチにキルスイッチはないし、
ライトスイッチボックスから配線が足らないし・・・。

そしてバッテリーを積んでいないのと、テールランプASSAYが無いのでコレがどう影響しているのかも判らない。
これは難解です。

広告

ほしいぞTWINGO! *le nouvelle twingo

先日、フランス本国で発表されたNEW TWINGOです。
トゥインゴ.frトゥインゴ発表の動画で電動ルーフが開くのを見ていたのですが、じーっと見ていたら欲しくなってしまいました。
今度のトゥインゴは、先代の(まだラインナップにいるようですね?)、
「小さくかわいい」というノリではなくなってしまいまして、逆にスポーティな、男性的な見た目になってしまいました。
しまいました、と言うのは先代のトゥインゴが優秀で、93年以来フランスで増え続けていた名車だけにトゥインゴファンとしてはキャラ変えが残念なのです。
(そうです、トゥインゴファンなのです。思い入れというか思い込み違いが多々あります。)
でも新しいトゥインゴも良いんですよ。きっと。

続きを読む

le 27 mars

日曜はボーリング大会でした。

2回つづけてsakakenさんが優勝をもっていっちゃいました。
ライバルになる人ぼしゅう!

ライバルといえば、宿敵かぼすけさんが、またも手ごわく。。。
「次は8ピンね~」って後ろから言われてほんとに8本だけしか倒れないんです・・・。
投げる直前に、白ネコが横切ったようにみえたのですが気のせいでしょう。

しっかしボウリングて楽しいですね!

ボールの回転の目をじーっと見て、がこーんてなるまでが楽しい。
ウチの地元にはボウリング場なんてなかったから、この歳になってはまってきました♪
だれか勝負しよう!じゃなくて教えて!

FIAT500 *le Nouvelle FIAT500

新型「フィアット500」ついにヴェールを脱ぐ!
正式発表予定日、7月4日はホントのFIAT500の発表日に合わせたそうです。
ずいぶん前に、コレのコンセプトカーがメディアに取り上げられていたと思うのですが、3年近くたっての登場のようです。
初代の「音を逃がすため」のキャンバストップではなく、グラスルーフだそうで、ずいぶんツルっとクルっとしてますね。
それで・・・あまり○○に似ているとかマネとか言うのはナンセンスだと思うのですが・・・サイドビューのイメージを見て思ったのは
「コペン顔のマーチ」じゃん
リアのレトロ感の表現がNEW MINIのようですね。

続きを読む

また振り出し

吹け上がらなくなり、プラグが真っ黒になる原因は思わぬ所にありました。
新品に交換したキャブボックスへの蛇腹ゴム。
これを、無精して、カットしないままで入れていたのですが、それがボディとタンクにはさまれる形で空気の流れを妨げていたのです。


ノコギリでカットしてつけ直す。
タイ製のこれは、純正よりも管が細いよう。
流入量にも差があるのかもしれません。
でもそこまで大きな影響はないものだと思うのですが・・・。

となると、プラグだけでなく、シリンダーの中もきになります。
ヘッドだけ開けてみました。

写真のように真っ黒。
もちろんピストンも真っ黒。
ヘッドのほうはオイルの色のようで、こすると落ちそうです。
パーツクリーナーで洗って、金属磨きで磨きます。
ピストンの壁はキズがないようす。


綺麗になったヘッドにはこんなキズが。
ガスが薄いときについたのでしょうか・・・。
シリンダー側も綺麗にして、閉めます。
かっちりと閉めたらキックがすこしおもくなりました。

これだけ黒いということは、マフラーも!?

さらに驚くべき事実が・・・。

どうして吹けないのだろうと、何度もキャブのジェット類を眺めていたのですが、Rallyについていたメインジェットは#105。
あれ!?と思ってscooter helpや宇賀神商会のサイトで確認すると、Rallyの標準は#118。
マフラーもキャブもピストンもノーマル。
なぜ番手が下げられているのでしょう・・・。


前オーナーはやりそうになく、その前は・・・ショップにあったそうなので、考えにくい。
んー、わからない。
オーバーフローしていたので、濃いと思って番手を下げたのか・・・?
そしてフロートニードル交換後、当然薄くなってしまった。
というコトなのかぁ。

番手を確認しなかったのかと反省してみたけど、RallyとP200Eのジェットが手元にあり、片方の、Pの番手#116を覚えていて、残る方をRallyのものとして扱っていたのです。
何度もWebで確認していたにもかかわらず実際の番手を気にしていなかったとは・・・。
もっと早く気がついていれば冬ツー後すぐに回復していたかも。

結局、#118のメインジェットを購入して付けて見るも、症状はさらに悪くなるばかり。
空ぶかしでも吹けなくなってきました。
プラグが黒くなるのは治っていい色なのだけども・・・。


前回、放置したフライホイールは、外側だけ開けて、コイルプレート下を見てみる。
黒い油の染みが、ありますねぇ。
いつからかな・・・。これがすべての原因なら、それはそれでいいのですが・・・。
とりあえず綺麗にしてみて、また走って様子をみてみようと思います。

実際、蛇腹ゴムをつけてから、段々と悪くなってきたので、マフラーが詰まってきたのかなぁとも思うのです。
他にはオイルシール、そして何度かPのCDIをチェックするために接続したせいで、ピックアップコイルがダメで回転があがらない・・・?
なんとも気が重いです。

le 25 mars

ha—-… もう25日です。

あ、

おい!

今日いっしょにバレーしたみんな!

バレー中に

燃焼だとか

メタボだとか

O型だとか

部屋汚いとか

いろいろ言ってくださってましたが、

たたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたたいじゅうが

○0キロ台に戻りました!!!!

ヽ( ´¬`)ノ ワ~イ !!

60キロじゃないよ!!!

ヽ( ´¬`)ノ ワ~イ !!

萌え・・・燃えたね!!

応援ありがとうございました。

これからもフクフク丸くならないよう
バレー中にCCレモン飲みますのでヨロシクお願いします。

今日はわかーい女の子たちがいっぱいでしたね!!!

なのに無精ヒゲのびのびですみません。

でも僕は年上が好きなんです!

年上さんもたくさんいましたけど、彼女らは年上すぎ!

はい!とぃいまて~ん♪