ギア鳴り‥終わらず。

ミッションオイルにZOILを入れたりなんてしてましたが、
10日もたたない内に症状が再発。
怪しいのはミッションオイルのドレン。
なにかで湿ったツヤがあったような。
オイル量確認と補充をしました。


ドレンには液体ガスケットのような、シーリング材のようなものの付着跡が。
これは依然から漏れていた!?

送信者 R5'86 Renault 5GTL "Francais"

軽くクルマ屋Tへの疑問とがっかり感を感じながら観察してみる。
ギアボックス下にはロッドなどの保護なのか、樹脂製のカバーがついています。
そのオイル染みをみると、左右からシミが始まっているんですね。
その直上にはシャフトブーツ。
シャフトブーツをみてみると・・・グリスとは違う、液体のシミが始まって、ドレンあたりまでつながっています。
( ̄▽ ̄;)!!ガーン
ちなみに、出てきたオイル量は約1.5リットル。
(規定量は1.8リットル?)
飲みこんだオイル量も1.5リットルほど。
それ以上いれるとフィラー口から漏れてきてしまうのです。
とりあえずボルトを締めて試走。
症状改善度5%・・・。
ダブルクラッチ必須です。

ギア鳴り‥終わらず。」への2件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ミッションですか、イヤですねぇ。
    これはもうオーバーホールしか無い鴨(合掌)?
    > ダブルクラッチ
    以前シフトチェンジ時に何故だか(無意識に)クラッチを踏まずにシフトチェンジした事があります。
    頭では「ヤバっ」って思っているうちに体が勝手に...でもスコンと入ってびっくりしました。
    偶然上手く回転が合ったみたいです。
    そんな訳で次の言葉を贈ります。
    目指せ!クラッチレス!!

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    某走り屋漫画でありましたねぇ、クラッチレス。
    シンクロに頼らない!走り方ですかぁ。。
    疲れちゃいますね^^;
    まだまだクラッチレスの領域にいけませんが
    3→2ダブルクラッチはだいぶなれて自然とできるようになりました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中