ショック

タイヤを新調したら、足回りのヘタり具合もはっきりわかるようになった。 素人目で見て、フロントは左がヘタり。リアは右がヘタり。 写真は右リアサスです。オイルにじみらしき跡がありました。 「奇跡の乗り心地」と評された縦サンクでヘタった足のまま乗るのはソンでしょ。 ということで足回りを調べてみました。

送信者 R5'86 Renault 5GTL "Francais"


サスペンションというとショックアブソーバー&バネのキットのイメージがあるけど、サンクはショックアブソーバーだけしかないように見える。
この細いボディのなかにバネが入っているのだろうか。
足回りは、前がダブルウィッシュボーンの、後がトレーリングアームにトーションバーの組み合わせである。
…と書籍にはある。
これはキャトルと同じである。
…ということらしい。
次はブランドの選定。
知っているところだとKONI(コニ)、KYB(カヤバ)あたり。
ビルシュタインなんかは無駄に高い気がするし(それが良い人もいるけど)、他はスポーツ走行に振った物だろう。
「奇跡の乗り心地」を再現するためには、いかに純正と差がないか、がポイントなのだから。
さすがに年数がたっている車両なのか、適合表にR5が載っていない。あってもR4が多い。
唯一R4とR5を載せている適合表を見つけたのだが、フロントは同じ品番なのだけど、リアが違う。本当はどうなのだろうか。
そこでちょっと夜更かしして、2社に問い合わせを送ったところ、1つ返信があり、R4とR5は同じ”模様”ということ。
模様ねぇ。。。
さらに、MONROE(モンロー)とSACHS(ザックス)の2メーカーも候補に挙がってしまった。
モンローは比較的安価であり、ザックスは堅さが純正に近いらしい。
ますます悩むところです。
(それが楽しいワケですが。)

広告

ショック」への1件のフィードバック

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    そうなんですよ。
    タイヤはミシュラン、
    オイルはエルフ、
    マフラーはデヴィル。
    サスはKONI?ビルシュタ?
    という仏には仏を。もアリなんですけど、
    伊のベスパに伊のピレリじゃなくてもいいワケですし^^;
    TOYOのトランパスも仏っぽいですよね。
    RSは12インチなんですねぇ。今度見にいきますよぉ~。MさんのN(わかりづらい^^;)も起きたころですかねぇ。そして軽井沢いきましょうw

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中