夏ツー

待ちに待った「夏ツー」です。初の1泊ツーリング、場所は軽井沢!

前日の天気予報は降水確率80%!でも、雨中でもいいかなぁって思っていたのでなりゆきまかせに。他の参加者みなさんから中止の声はなくて「夏ツー」決行です。

仕事の関係で1日目がダメになるかどうか前日まできまらず、みなさんにご迷惑をかけてしまいました。同じ方面から参加するすぱいくさんにも前日に連絡する始末。でも運良く初日から参加できました。

朝9時に集合場所の狭山のマクドへ行く為に余裕もって朝6時にすぱいくさんと待ち合わせ。2時間かかって8時着&朝マックという計画です。…続く

広告

軽井沢整備

今月もナリさん宅に行って整備大会~。ホントお世話になってマス。

今日の主役はPX200FL2に乗るエージさん。赤いビチューボサスペンションを購入し、本日取り付けようという計画です。P125Xはピストンリング交換をしたかったのですが、部品調達できずにキャブOHとなりました。

毎度ちょっぴり迷いつつ到着してみると既にエージさんは着いていて作業開始していました。ボケーっとみているとどうやらフロントサスのボルト穴周辺が広くて着かない様子。そのままだと”涙目”に干渉してしまうので…悩んだ結果、高価なビチューボを削ることに…。

リューターとグラインダーでガリガリ削ります。。。最初のケガキがよかったのか、合わせてみるとバッチリ。しかし高価な高価なビチューボはそう簡単には装着できないのでした。

アッパー側のボルトが…短いのか全然かみません。ボルト位置は見えないところにあるので想像と手探りでボルト締めしてました。下側もやっぱり問題で、ボルトが入らない…。PX-FL2はマイナスネジでも六角ネジでもなくヘキサゴンです。レンチを入れるクリアランスさえ余裕なし。

乗っかったり押したりしながらボルト二本締めて、休憩。。。次はリアです。

リア、、、P系ボディはリアサスペンションのアッパーが見えない位置にあります。これもまた、想像力働かせて手探りで締めます。で、反対側が問題でノーマルボルトがボルト穴に入らないという始末。本当にPX用なのだろうか…。

結局リューターでボルト穴を広げ…広げ…広げ…広げ…(2箇所×2あるからね)ボルトを入れてみれば長さが足りない。高価な高価な高価なビチューボサスはちょっと広いんですね。参った。

こんなとき頼りになるのはナリさんで(始終頼ってますが)なぜか長いボルトを用意してある。サスが。そして、めでたく装着完了!この時点で朝始まった作業は夕方になってました。恐るべしビチューボ!

次は…ボロなP125Xですが、ナリさんがキャブをOHしてくれました。自分は何もしてないって感じがしますが、キャブケース蓋とファンカバーを磨いて塗装してました。ってなにもしてないですね。

キャブの中身は…言葉では言い表せないような状況でした。たぶん10年来のゴミ。

ナリさんのLV号も何か整備するつもりだったそうですが、疲れちゃってよく覚えてません(汗)今回の2台の整備は夏ツー軽井沢のため!でも一番動いていたナリさん、軽井沢行かないのに。。。

Stand UP!!

停車しているとき、ベスパは、フロントがちょっと浮いている。それが正しい姿だそうです。

「江ノ島ラン」の時にエージさんのPX-FL2と僕のPを比べて気がついた、センタースタンドのヤレ。購入したけどサイズ違いで装着できずにボルトで嵩上げしていましたが、やっと取り付けました。

ボルトで上げていたときは高すぎるようで(奥多摩ラン、3台のPの写真で)、スタンド掛けるときに「ギシギシ」ゆっとりました。あと、歪んだセンタースタンド(以下センスタ)は横にも広がるのでキックアームと干渉しておりました。交換後はそれらの問題もスッキリ!

下準備 夏ツー

”ベスピーノを探せ”主催の「夏ツー」もいよいよあと2週間となりました。「奥多摩ラン」のようにドタバタならないよう、細かな準備をしておきます。

今日は色々な小物を銀色に塗ってしまおうと思います。まずは…ミラーステー。

つぎに、サイズ違いで交換できなかったセンスタも銀に。

宇賀神商会さんからブラケットも取り寄せました。クリアー吹いたら装着します。

 

メインキーが失くなった…

「奥多摩ラン」の帰り道、バレーボールをやって帰りました。夕方までもっていた天気も夜中には降りだしてきました。

メインキーにつけたマスコットは袋に入れていたので大丈夫でしたが、何分おおきくてメーターが見えません。もともとメーター照明がきれているので見えてませんが。なので外してしまいました。

と、そこまでは覚えているのですが、メインキーの行方がわからなくなりました。濡れていた衣服を洗濯機の前で脱いだので…そのあたりなのですが…。

以前、スペアキーをつくってもらいに一般的な鍵屋さんにいったのですが、元になるブランクキーがないそうで、断られました。Yahoo!オークションでブランクキーをみかけますが、今思えば作っておけばよかった…。

※「失」は「なくなる」とはよまないんですね。

「ひとまず奥多摩ラン」に参加

行ってきました。奥多摩はすばらしいところですね~。勾配が少ないワインディングは、P125Xでもす~いすぃ登れましたし。しかし今回は(も)ご迷惑かけっぱなし道中でした。

集合場所のマクドナルドは青梅街道沿い。ところが「奥多摩」という文字に勘違いして奥多摩街道に入って迷ってしまい、良くわからないまま横田基地に出たときには既に集合時間をオーバーしていました。その後急いで黄色いMマークを探して進むも、青梅街道はMマークが多い!結局三回目に入ったマクドナルドでみなさまに合流。ホント、ごめんなさい。

ヘッドライトバルブは…アシ車JOGのバルブ(Pのポジション球位置にピッタリなのでした。)を抜き取って結線したものを用意して急場をしのごうとしたのですが、それじゃああんまりだと、”謎の友人さん”がご自宅にUターンして予備のバルブを持ってきていただけることに…(※1)。なんとありがたい事でしょう~。道で困っているベスパオーナーさんに合ったらヘルプしようと心に決めました。なにもできないけど。

そんなこんなで恐縮しまくりのスタートでしたがベスパの心地よい(※2)排気音に囲まれて山へむかえば気分も上がるってものです。

参加台数10台のうち、P系が3台、スモール6台、オートマベスパ1台という構成でした。オートマベスパは珍しい。オートマなのにグリップシフトらしきものがあったり…。

とても気楽~な性格な僕は気楽~な気分で参加させていただいています。ベスパオーナーの共通項なのか、この独特な雰囲気のツーリングはなかなかヤミツキですょ。

※1…この時点で、なぜ1台少ないのか解っていなかった者が1名…

※2…1台ほど勇ましいマシンがいらっしゃいました

下準備

もう7月です。日本の夏、ベスパの夏。早いものですね。

4月に参加した「ベスピーノを探せ」の春ツー。そして7月末に「軽井沢ラン」。その前の7月3日には「ひとまず奥多摩ラン」があると知ったのでその日は休みを取ろうと毎日ヤキモキしています。もー寝不足です。

「奥多摩はちっと遠いんでないかい?ダンナ。」と不安になったのでできる限り、P125Xの調子アップをしたいと思います。

まずは前回発覚したイイカゲンクラッチワイヤーを交換しようと思い、チャッチャとやってしまいました(※1)

次に前から計画していた、「レッグシールドの二重丸キズの原因であるフロントキャリアをはずして、リアキャリアに交換しようプラン」の実行。Yahoo!オークションで物色中に、シーシーバーにキャリアのついたタイプを発見。なかなか見かけないので意地で落札しました。

出品者の方は近くにお住まいのP200オーナーさんでしたので直接取りに行きました。小雨の中、P200を見せていただき、感謝!前後キャリアにバンパーで決まってました。

さて、取り付けてみたのですが…なんだか斜め…

バネも弱いのか走行中に荷物落ちたし。。。シートが浮いちゃうし…。シングルシートにすれば解決するかな?そしたらシーシーバーの意味ないし。

とりあえず装着したままで落ち着きました。

その次は、先日きれてしまったヘッドライトバルブ。コレを調達しなくてはなりません。

通販は時間がかかるので、値が張っても店舗買いだ~とベスパ取り扱いのお店にいったのですが、古いタイプのバルブは取り寄せとのこと。その期間1week。高くて遅いんじゃ意味なしじゃないっすか。○川商会さん。

あきらめてダメ元で用品屋へ行くことにしました。2輪館といえばドライバースタンド。最近はあまり安くないんですよね(愚痴)。

店員さんに伺うと、ハロゲンバルブならあるとのこと。ハロゲンならベスパショップの広告で2000円ほどだなぁとおもって見てみると4000円…。高っ!!クルマの2個セット価格でも良いのが買えちゃうじゃないっすか。すぐ切れるかもしれないハロゲンバルブに4000円もかけられません…。青い顔してお店をでました。

さて、「ひとまず奥多摩ラン」は目前です。ぅ~ん、バルブどうしよう。