P125Xの会

今日はP125X再生場(注:ナリさん宅)へ訪問しました。

作業内容は…1、フロントブレーキの調整 2、スタンドの装着 3、ヘッドライト交換 です。そして夕方からはイベント参加の予定です。フロントブレーキ、スムーズに戻らず、いつも引きずっている状態でした。そしてスタンドは歪んでいたので新品に交換です。

今回は、4月に参加した「ベスピーノを探せ」の春ツーでお会いしたエージさんも一緒です。

さて、伊豆の田舎育ちの僕は、東京のつくりがどうもわかりません。田んぼ地帯のように格子状ではないので環状線の感覚がよくわからないのです。と、言い訳したのは遅刻したからです。ついたのは午後3時近く…。夕方のイベントに間に合うのか!?

とか言ってのんびりピザいただいてましたが…^^;

スタンドブラケットと共締めされているタンデムステップがあるのですが、これが…短い足に当たっていたいのです。この機に取っ払います。固いボルトをはずしてスタンドを取っ払いました。

取れたので一休みしている最中にエージさんのPXにはオリジナルステーと共に旧型ミラーがつきました。これがまた秀逸でぴったりなんですよ~。

僕も早く終わらせねば…と新品スタンドをはめると…ブラケットがはまらない。休んでいるうちに縮んだか?と思ったけど、どうやら新品スタンドが2mm太いみたい。初期のPには太さが20mmのものがあるって聞いたけど…まさにソレ。困ったのでエージさんのPXから取っちゃおうかと思ったけどさすがにやめました。

仕方なく元のスタンドにボルトで上げ底してつけて、次はブレーキです。

交換したインド製シューがいけないのかと思っていたので純正シューに戻しました。この時のナリさんの作業スピード、LV号なみに速いです。しかし、レバー戻りません。シューの問題じゃないなら…怪しいのは、ワイヤー。

ワイヤーはしっかり合ったものを用意していたのですが…アウタの中にスムーズに入らない!!アウターがダメなのか…グリスをたっぷりつけて、上から下から、アリクイ状態です。

その間に、ナリさんがミッションオイルの交換をしてくれました。購入してから一度も換えてないズサンな僕に代わって(涙)。そしたらですよ、オイルが、出てくるオイルが無いんです。正確には250ccほど入っているはずが…50cc??ぐらい!?

青くなりましたょ~、伊豆も江ノ島も、50ccのミッションオイルで。これで奥多摩も行こうかって思っていたんです。いやーベスパってほんとーに、丈夫ですね(違)

さて、ワイヤー入りました。感動!パーツはちゃんと合ったものを買いましょう。新品ワイヤーはホントにスムーズ。レバーを握っても戻るんですよ!!

すでにイベントの集合時間はギリギリ!?でしたがブレーキのスムーズさに気をよくして前から気になっていたクラッチケーブルも見てもらうと…、、、

切れたワイヤーを金具で挟んで固定してある…

一同がっかりしたところで、タイムアップ!一休みしてイベントへ出発~です。無事帰れるのか!?

イベントは…なんと、某ベスパクラブのナイトランに参加なのです♪。「♪」な気分でした、ほんと。ベスパクラブというだけでも「雲の上~」というほど遠く感じるのに、距離も遠いんですから。なんといっても目的地のお台場まで、都内をベスパ達で走るんですから、脳髄のスズメバチの毒がうずくってなものです(そんなもの入っていませんが)。

さて、少々(?)遅れ気味で着いた集合場所には、すでにベスパ、ベスパ、ベスパ…。メンバーの方々、コワい人たちじゃないといいなぁって思ってちっちゃくなってましたが、良い人たちでした。とりあえず、地元名産の「いわしの黒はんぺん」入りおでんを食べました。

そして出発~。一気に湧き上がるベスパサウンド~。煙くて気分が浮いてきます。で、なかよく出発。

なんと、メンバーさんの中にバッテリーレス&混合のP200Eが!もう、じっくり見ちゃいました。コダわって探したそうです。(写真ないのが残念!)

ディズニーランドを抜けて~観覧車を左にみながら進む!進む!途中で小さなトラブルもあったけど~LV号のガソリン残量も不安だったけど~目的地のお洒落なカフェに到着!そこにはいるわいるわのベスパやコダワリのマシン達が。どうやらバイク乗りの集まるお店らしい。名前にも”Motorist Cafe”ってあるし。僕はMotoristか!?

CAFEなので、濃い~珈琲と、濃い~ベスパ話をして、あっというまに23時。ベスパ修理でトラブルの時と楽しいときはあっとういう間デス。

みなさんにお別れして家路につきます。もちろん?帰りも迷いましたさ!環八恐るべし。(オチなし)

 

広告

一喜一憂

いつもの国道をヒタヒタ走っているときのこと。信号待ちで、ちょっと前に抜いた原付3台に囲まれました。 15~16才くらいの若い子たちで50ccスクーター二台とピンクナンバーのスクーターにタンデムで計4人。P125Xの左右、後ろに止めて、文字通り囲まれました。 メンドウな事はやだなぁって思っていると左のスクーターのライダーが「○●街道はどこですか?」だって。なんだよ、道が知りたかったのかょと思って説明していると反対側から「これギア車ですか?」だって。 そうだよ~4速だよ~って説明してたんですが、オートマ限定免許のあるこのご時世、クラッチ付に興味を示すなんてめずらしんじゃないかな?って思ったら嬉しくなりました。 なんて、初めの警戒心はどこえやら、で別れましたが、いい気分になって鼻歌交えて進んでいると…。「ガチャン!」と金属音が。 なにか落ちたかなぁ?もしやさっき後ろにいた一台がナニかしたのかな??と不安になってUターン。 音のした付近の歩道に止めてスタンドかけたら…右側の接地感が無くて…ベスパはゴロンと寝てしまいました。あーあ。 しかし不幸中の幸いでハンドルはまっすぐ向いたまま。右ハンドルエンドとキックアーム、レッグシールド下部、そしてサイドカバーで接地。サイドカバーの塗装がはげましたが大きな凹みなくすみました。 足場には十分注意。

uwaki1

ゼルビスと引き換えにコレが来ました。

ん~便利ですね~。不具合は、始動性がちょっと悪いのとオイルタンクキャップが無い事ぐらいです。キャップは近場の解体屋で購入。100円なり。

ほんと便利ですね。グリップをぐい~とひねって走ってブレーキ握って止まるだけ。これで各種制限が無かったら地上最強の乗り物じゃないでしょうか。

でも、その後にP125Xに乗ると………楽しいんだなぁ~

べスパの防犯

昨日、ちょっとしたトラブルがあってその時に気が付いたのですが、PやET3のキーってハンドルバーカウルの真中にあるんですよね。なんだか突出していて、ちょっと目立つ位置にあります。

そこで…

部屋に転がっていた…ペプシコーラボトル缶についてきたボトルキャップをつけました。

もちろん走行中は外します。停めたらつけます。面倒ですね。

梅雨も始まりましたし。

ドナドナ

この二週間ほど北へ東へ大活躍のゼルビスですが、本日友人のもとへ巣立ちました。メーター距離数は11014km。
前日に11000kmをマーク
免許取得後3日目の友人もスイスイ?乗れる扱いやすさはほんとすごいですね。
関係ないですが、携帯電話を変えました。キャリアを変えたので番号も変わりました。Vodafone 702NK、またの名をNOKIA 6630。FOMAシェア拡大のために下位機種より不便な端末だったN2102Vに代わり、スマートフォンになりました。
TV電話機能があるのですが、カメラが背面にしかないので鏡で写すそうです。(ホントかよ!?)