魔法のボトル

ナリさんから頂いた”噂の”ボトル。
ナリさん宅にお邪魔した際に、ちゃっかり頂いてしまったボトル…。早速、利用させていただきました。(多謝!)

オイルの銘柄なんですが、ベスパ乗りの皆さんはコダワリがあるのでしょうか?他所でも目にしますが、ベスパのような古い設計のエンジンに、高性能オイルは不要。ホームセンターの400円/リットルのもので問題ないと思うんです。そんな僕はPにYAMAHA AUTORUBE SuperRS(定価 2,047/l)入れてます。…TZR250の為に買い置きしてた余りです。次回からもっと安いのを…。

さて、ボトルの容量は250ml(と記載されている)です。ベスパのエンジンオイル混合割合は、有名な2%!12リットル分は持ち運べる計算ですね。計量できる量は一度に20ml。ガソリン1リットルに1回ですね。カンタン♪

で、待ちに待った給油の時がやってまいりました。近くのエネオスSSとESSOがあるのですが、セルフスタンドのエネオス愛用なんです。深夜のガソリンスタンドで考える。「リザーヴになってから距離を走ったから…5リットルだな!」と。メーター睨んで、5リットルきっちり給油して、オイルボトルを取り出す。「ぺこぺこぺこ…トロトロ」「ぺこぺこぺこ…トロトロ(※1)」……「ヘェ、ホント、手が汚れないナァ。でも、メモリに”約20ml”ってあるけど…あいまいねぇ(※2)」なぁんて入れていたら、次が何回目の注油が判らなくなりました(阿呆)。恐るべし魔法のボトル!オイルが少ないと焼きつく危険性が、多いとカブる危険性が…なんともデンジャラス(阿呆なだけですって)。カブった方が安全ですが、幸いスタンドから家が近いのでキャブ内のガソリンだけで帰宅する事に。

家についてから、前回まで使っていた付属の計量カップで100cc分、ボトルに入れてみる………っと、バッチリ1リットル分残りました。その残りをPに注油して、ヨカッタヨカッタ。いやぁドキドキしましたね。便利と危険は紙一重って事です(違。

広告