ルノー14の成り立ち

http://www.renault-14.net/assemblage.htm

ルノー14の開発はいくつかの写真のような段階があった。

1971年

Jean Thoprieuxによる1/5サイズのスタディモデルは次世代のルノー車を表現しなくてはならなかった。

中級排気量のセダン。

 

これが、用意されたスタディモデルは、常に1/5モデルで検討された。

白い物は石膏です。

技術者たちは探求の新しい痕跡を練り続けるでしょう。

 

続いて、この初めのモデルは仕上げクロッキーです。

ルノー14のラインは

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中